Zero4Racer PRO ver 2.0.2 が公開されました!おまけ: cocos2d の最新版への移行方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Zero4Racer PRO ver 2.0.2 が公開されました!おまけ: cocos2d の最新版への移行方法

Lion で、Xcode 4.1を使用して作成した、Zero4Racer PRO の改訂版が公開されました。基本的にはバグフィックスのみです。

Zero4Racer Pro ゼロヨンレーサー プロ (Version 2.0.2) App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料
デベロッパ名: J-Tech Creations, Inc.
リリース日: 2011/02/10
対応デバイス: iPhone 4 / iPad Wi-Fi+3G / iPhone 3GS / iPod touch (4th Gen) / iPod touch (マイク付き) / iPad 2 Wi-Fi+3G / iPod touch (3rd Gen) / iPad Wi-Fi / iPad 2 Wi-Fi
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (4.0 / 3件の評価)
Game Center: 対応
 
  • Xcode 4.1を使用した
  • Snow Leopardのときは、Xcode 3.2.6 を使用していたので、登録のところが面倒でしたが、Xcode 4.1は楽でした。バックグラウンドでのビルドがあるので、やっぱり、Xcode 4は遅いです。

  • Cocos2d 1.0.1を使用した
  • 以前は、cocos2d 0.9.5を使用していましたが、今回のプロジェクトは、最新の1.0.1を使用しました。基本的にソースを変える必要はなかったです。
    手順

    1. 最新のcocos2dをダウンロードし、テンプレートをコマンドラインで作成
    2. cocos2d フォルダにターミナルで移動して、
      [sourcecode language=”objc”]
      sudo sh install-templates.sh -f
      [/sourcecode]
      ですね。

    3. Xcodeの新規作成から、cocos2dのテンプレートから、プロジェクトを作成
    4. box2d、chipmunkなどを使っている場合は、そのプロジェクトを作りましょう。

      cocos2d テンプレートの作成

    5. 以前のプロジェクトのクラス、リソースをコピーして、プロジェクトに取り込む
    6. この時、名前のかぶるファイルがあるかもしれませんので、(AppDelegate,RootViewController,GameCongig.h)など、上書きしないように気をつけます。

    7. 名前のかぶるファイルのマージ(AppDelegate,RootViewController,GameCongig.h)
    8. これらのファイルには、独自の設定をしている場合がありますので、独自の設定が残るようにマージして、古いものか新しいものをプロジェクトから削除してあげます。

    9. ビルドして、エラーの削除、実行して、動作の確認
    10. 基本的に、クラスの名前が変わっていたときなどにエラーが発生するので、それらのエラーを、新しいクラス名などを使用して、解決してやります。
      実行した時に、レイヤーと、指のタッチの位置などが正しく動いているか、一通り動作させて確認してみて、良ければ完成です。

  • バグ修正
  • プレイの途中に、アプリが一時的に終了すると,動作がおかしくなり、記録がめちゃくちゃになるバグがあり、それを修正しました。AppDelegateにある、アプリが中断、復帰する時に、ゲームデータも正しく中止してあげることにより解決しました。

  • 中断から戻ったときのカウントダウン
  • 一時停止ボタンを押した時、また、中断から復帰した時に、3、2、1というカウントダウンを作成して、滑らかに中断から復帰出来るようにしました。

これくらいの修正で、金曜にサブミット、火曜にReady for Saleだったので、2仕事日でレビューが終わったの歯嬉しいですね。
基本機能は無料で遊べますので、ぜひ遊んでみてください!

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">