Objective-C で ARC を有効にしたプロジェクトで、一部ファイルのみ ARC を無効にする方法(その逆も)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Objective-C で ARC を有効にしたプロジェクトで、一部ファイルのみ ARC を無効にする方法(その逆も)

ARC便利ですね。Release, Retain を書かずに、オーナーシップ(所有権)だけを考慮して出来るのは素晴らしいです。一つ問題は、外部ライブラリを取り込む場合。自分のプログラムだったら分かる事も、人のプログラムを変えるのは面倒ですし、間違えたくないですよね。ARCは、各ファイルをコンパイルする際に有効にするものなので、部分的に無効に出来ます。その方法を簡単ですが、説明します。

  • ビルド設定の、Build Phaseタブの、Compile Sources 設定を開きます
  • ファイル毎の オプション設定
    ファイル毎の オプション設定
  • ARC を有効にしたくないファイルの、コンパイルオプションに -fno-objc-arcを入力します
  • 終わり

簡単ですね。これで、導入しているライブラリなどを、ARC無効にして使用出来ます。

追記:2012/7/13
逆に非ARCのプロジェクトで、指定ファイルだけARCを追加したい場合は、
-fobjc-arc
で設定出来ます。以前のプロジェクトに一部追加したい時にどうぞ。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

「Objective-C で ARC を有効にしたプロジェクトで、一部ファイルのみ ARC を無効にする方法(その逆も)」への2件のフィードバック

[iOS SDK] OAuth 認証による Evernote に新規ノートを作成するアプリを書いてみた | ラクイシロク にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください