iPhone アプリを開発する際に忘れてはならない”ユーザーテスト”

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone アプリを開発する際に忘れてはならない”ユーザーテスト”

ユーザーテストに関して思い出すきっかけ

ちょっと前の@hotmiyachi氏の記事を読んで、UIについて思い出した点がありました。
GT5のUIがとても残念 – ゼペットの休日
ちょっと一部引用します。

いずれにせよ、せっかく作ったゲームをUIの障壁でユーザーに理解されないなんてもったいないし、ビカビカにキレイなHDテクスチャのボタンより、UEとして快適なものこそがユーザーを掴むのではと思います。そしてそれこそ「欧米との技術競争に負けてる」とかいう話以前に大事だと思う。

ここで書かれている、UIは、ユーザーインターフェース、UEは、ユーザーエクスペリエンスですが、これが、”触り心地”と説明されています。見た目が美しい、アクションが凄いのはいいことですが、使っていて快適で、どのように使っても間違わない、わかりやすさというのは大切ですね。
これを実現するのは、結構難しいのですが、わたしがアプリを開発するうえで役に立ったのは、この”ユーザーテスト”です。

なぜ、”ユーザーテスト”が重要か

アプリのデザイナは、すべての機能をどのように分かりやすく組み込むかを考えます。どのように最短の動作で、最も効率よく動作できるか考えます。また、iOS向けのアプリを作成するのであれば、アップルの提供している、日本語のiOS Reference Libraryドキュメントガイドより、iPhoneヒューマンインターフェイスガイドラインなどを読んで、UIについて熟慮することと思います。また、クライアントなどがいる場合は、そのクライアントが納得するものかを確認するでしょう。
しかし、忘れてはならないのは、

開発者は、プログラムをテストする時点で、プログラムのどこを押したらどのように動くか知っている

ということです。なので、開発者自身や、アプリのアイディアを出した人たちは、それが使いやすいか、使いにくいかを判断する事は出来ないのです。
それで、”ユーザーテスト”が必要だというわけです。

ユーザーテストの方法

でも、ユーザーテストって難しそうって思うかもしれません。でも、意外とそうでもありません。そのアプリの詳細についてあまり知らない人にアプリを触ってもらって、その人の動きを見るだけで出来ます。自分の子どもでも、奥さんでも、お父さんでも、お母さんでも、おばあちゃんでも、会社の同僚でも、同級生でもいいです。出来れば、そのアプリのターゲットにしている年齢層や、趣味を持っている人がいいかもしれません。
そして、アプリの概要だけ言って、あとは自由にプレイしてもらうことが出来るでしょう。出来れば、細かい操作方法について逐一説明しないほうがいいと思います。そしてその人が何をしたいと思って、どこをタップしたり、フリックしたり、ズームイン、アウトしようとしたりするかを観察してみることが出来ます。必ず、予定していない動きをするでしょう。その全てに対応する必要はないですが、なぜ間違った動作をしてしまったのかを考えてみると、修正点がたくさん見つかります。
私たちが最近リリースしたZero4Racer PROZero4Racer PRO - J-Tech Creations, Inc.アプリは、約2年前にリリースしたアプリのUI、グラフィック改善バージョンですが、今回のバージョンを作成するに当たっては、iPhoneは使えるものの、このアプリの使い方は知らないわたしの妻によるユーザーテストが非常に参考になりました。
以下の点は、それによって改善されたUIの一部です。

  1. ボタンが押されたか押さなかったか分からないことによる誤操作
  2. ゲームの画面遷移が、遅かったので、早く、サクサク動くように改善
  3. NEXTボタンが押されずに、アイテムをクリックして次に行けるように改善
  4. サウンドによって、ボタンが押されたことを分かるようにする
  5. ゲームの結果の表示を分かりやすくする
  6. ボタンを押せないところに影をつけて、押せないことを分からせる

などです。どうしても、他の人がプレイして、つかえない場合に、自分の考えたUIの効率性を主張したくなりますが、ここはぐっと我慢して、正しく仕えなかった理由を考えるようにしています。そのようにして、ユーザーテストによって、ユーザーエクスペリエンスを改善していくことが出来るでしょう。

痛い形で行われるユーザーテスト

もし、ユーザーテストを行わずにリリースされたアプリは、どうなるでしょうか?もちろん、すべてのパターンを考慮された素晴らしいUIを持ったアプリであれば問題ないかもしれません。しかし、実際のところは、アプリを買ったユーザが”ユーザーテスト”を行う事になってしまいます。それで、

  • 搭載されている機能が見つけられない
  • 搭載されている機能が使えない
  • 搭載されている機能を誤動作しているように思われる

という事態が発生してしまうかもしれません。その場合、

  • 便利なアプリなのに削除される
  • 本当は機能があるのに星一つ☆レビューされる
  • AppStoreで、レビューをみた他のユーザがダウンロードすらしてくれない

ということが発生するかもしれません。それは開発者にとっても嬉しくないことです。ですから、リリースの前は、是非ユーザーテストを出来る限り行うことが益になるのではないかと最近思う次第です。

結論

できるだけベストを尽くして作ったアプリですが、是非皆さんにもプレイして、感想をお聞きできればと思っています。私たちの作った、ゼロヨンゲームアプリ、無料なので、是非ダウンロードしてみてください。特に、車好きが楽しめるように頑張りました。

Zero4Racer Pro ゼロヨンレーサー プロ 2.0.0(無料)

iPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch(第2世代)、iPod touch(第3世代) および iPod touch (4th generation) 互換 iOS 4.2 以降が必要

Zero4Racer Pro ゼロヨンレーサー プロ 2.0.0(無料)
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料 App
更新: 2011/02/10

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

「iPhone アプリを開発する際に忘れてはならない”ユーザーテスト”」への1件のフィードバック

Tweets that mention iPhone アプリを開発する際に忘れてはならない”ユーザーテスト” | Zero4Racer PRO Developer's Blog -- Topsy.com にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください