Less Code, Less Bugs! Storyboardで角丸、枠線、シャドウを設定できるクラスを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Less Code, Less Bugs! Storyboardで角丸、枠線、シャドウを設定できるクラスを公開

Storyboardで設定したUIのコンポーネント表示例
Storyboardで設定したUIのコンポーネント表示例

UIViewのコンポーネントは、layerプロパティを使って、角丸、枠線、シャドウなどを比較的自由に設定できます。しかし、Storyboardではその設定が直に出来ないので、コードを書く必要が出てきます。しかし、そのためだけにIBOutletをつないだり、ViewDidLoadにコードを追加したりするのが面倒ですし、どうしてもコードの量が多くなるとバグが増えてしまいます。そのために、Storyboard上で、角丸、枠線、シャドウを設定できるクラスを作成して公開しました。

クラスはこちらから
Github – tomohisa/JTCCustomizableUIComponent

使い方

使い方は非常に簡単で、Storyboardでは、クラスに User Defined Runtime Attributesを設定することが出来るので、そこで設定するようにしています。
たとえばこんな感じ。

角丸と罫線の設定
角丸と罫線の設定

これで角丸と罫線を設定しています。Storyboard上では設定結果は反映されないので、実機もしくはシミュレーターで実行して結果を確認する必要があります。
手順は、

  1. クラスをプロジェクトに取り込み
  2. Storyboard上で、ビューのカスタムクラス名を設定
  3. 画像では、JTCCustomizableViewをクラス名に設定しています。

  4. プロパティを、User Defined Runtime Attributesに設定
  5. ここでは、borderColor, borderWidth, cornerRadiusを設定しています。

これだけです、簡単ですね。クラスとしては、

  1. JTCCustomizableView – UIViewの拡張
  2. JTCCustomizableTableView – UITableViewの拡張
  3. JTCLineView – View内に点線などの罫線を書く
  4. VerticallyAlignedLabel – Labelに縦のアラインメントを設定
  5. これは、Vertical Text Alignment for UILabel?: Apple Support Communities で紹介されているものを取り込みました。

となっています。詳しい設定方法などは、githubをご覧ください。cloneすれば簡単に使い方が分かると思います。

既知の問題

実行は問題なく出来るのですが、Xcode上で、Storyboard内のエラーが出てしまいます。

Color type user defined runtime attributes with Xcode versions prior to 4.3

XCode4.3以前では使えませんというエラーでしょうか。警告でもいいような。

Preceding build task claims to succeed in spite of generating error messages. Please file a bug report.

エラーがあるのにビルドが成功しています。バグレポートを作成してください。

(コードを公開してからAppleにバグレポートする予定)

原理

原理というほどのものではないのですが、Xcode4.3.2の時点で、カスタマイズクラスを使用しなければいけない理由として、

  1. User Defined Runtime Attributes の Number型は、整数のみで、小数点を入れられない
  2. これによって、線の細さを、0.5にしたくても出来ませんし、Opacityを0.5に使用としても出来ません。そのため、このクラスでは、String型を使用して、”0.5”なども入力できるようにしています。

  3. User Defined Runtime Attributes の Color型は、UIColorクラスには代入できるが、CGColorクラスには代入できない
  4. そのため、layer.borderColorに直接代入することが出来ないので、カスタムクラスを作っています。

Less Code, Less Bugs

これは真実ですね。どれだけ優秀なプログラマでも、ミスはゼロではなくて、簡単なプログラム、単調なプログラムだと、よりいっそうミスの可能性が多くなります。少しでもコード量を減らして、安全なプログラムを作る助けになればと思います。

追記: 2012/6/7 補足いただいたので追記します。

追記: 2012/6/8 バグレポートしました

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">