コードからUIWebViewをスクロールさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コードからUIWebViewをスクロールさせる方法

昔は難しかったのですが、iOS5から、UIWebViewがscrollViewをプロパティで持つようになったので簡単になった!オフセットしすぎると中身が見えなくなってしまうので、maxOffset以下にするのがポイント。
スクロールダウン(一度に画面の1/3)

float maxYOffset = self.webView.scrollView.contentSize.height - self.webView.scrollView.frame.size.height;
[wself.webView.scrollView setContentOffset:CGPointMake(self.webView.scrollView.contentOffset.x, MIN(self.webView.scrollView.contentOffset.y+self.webView.bounds.size.height/3.,maxYOffset)) animated:YES];

スクロールアップ
[wself.webView.scrollView setContentOffset:CGPointMake(self.webView.scrollView.contentOffset.x, MAX(self.webView.scrollView.contentOffset.y-self.webView.bounds.size.height/3.,0)) animated:YES];

このスクロールと、前の記事の編集中判定を使って、TweetOverviewでキーボードでスクロールダウン、スクロールアップ、cmd+wで詳細画面を閉じるというのを実装したのですが、外部キーボードと組み合わせると非常にいい感じです。審査して来週ぐらいにリリースされると思いますのでお楽しみに。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

1件のコメント
  1. […] 아래 참고 글은 Obj-C 버전입니다. http://www.zero4racer.com/blog/1149 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください