カクカクしないアプリを作りたいiOSプログラマにオススメ!エキスパートObjective-Cプログラミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - カクカクしないアプリを作りたいiOSプログラマにオススメ!エキスパートObjective-Cプログラミング

@splhack 氏のエキスパート Objective-C プログラミング本の紙版の書籍が、ついに予約開始になりました!

わたしは、達人出版会の、PDF版ーエキスパートObjective-Cプログラミング ― iOS/OS Xのメモリ管理とマルチスレッド – 達人出版会 で読んでいますが、紙で持っておかないと気が済まない方々、また、付録もA/Bあるらしく、完全版が欲しい方は両方手にするのも良いかもしれませんね!

説明文から拝借した内容はこんな感じです。

内容紹介
iOS/OS Xのメモリ管理とマルチスレッドを、真に理解するための解説本。

iOS/OS Xアプリケーション開発において、もはや必須の技術である「Automatic
Reference Counting (ARC)」「Blocks」「Grand Central Dispatch (GCD)」。
これらの新技術は、表面だけ理解することは簡単でも、実際は深く知っていないと
落とし穴に陥ります。

本書は、「ARC」「Blocks」「GCD」について、使用するための考え方とともに、
その実装を使って完全解説します。ソースコードまで踏み込んだ詳細な説明により、
Appleのドキュメントを読むだけでは到底たどり着くことができないレベルまで理解を深めることが可能です。
「エキスパート」が送る、「エキスパート」になる人への究極の一冊!

対象読者
C/C++には詳しいが、Objective-Cには不慣れな人。
Objective-Cのソースコードが、実際どのように動くのか知りたい人。
iOSまたはMacアプリ開発の初心者を抜けだして、より深く学びたい人。

わたしも「エキスパート」になるべく勉強中ですが、非常に分かりやすく、図で説明されているので、初心者でも分かりやすいと思います。

iOS プログラミング的には、ARCよりも、Blocks、GCD の方が実際のところ需要が多く、パフォーマンスに影響するので、すべてのiOS プログラマ必須になってきます。なぜ必要かというと、ViewController でイベントを受け取り、作業を行う時、また、Cocos2d であれば、touchイベント、また、initイベントなどは、メインスレッド(UIをつかさどる動作プロセス)から呼ばれます。

しかし、ここでそのまま、ファイルの読み書き、ネットワーク処理を行うと、画面の描画に影響を与え、画面がカクカクしてしまいます。そのために、バックグラウンド処理をする必要があり、バックグラウンド処理にもいろいろな方帆があるのですが、すべてのiOSのバックグラウンド処理の根幹にあるのがGCDです。そして、GCDは、Blocksを使って、処理を記述します。それで、GCD、Blocksが、カクカクしないプログラムの基本になります。

わたしの基本的な使い方は、コーディングをしている時に、PDFでこの本を開いておいて、GCDを使う時にGCDの章を開いて、使いたい関数を検索して、使用例からコピペして使っています。

そして、全体的なObjective-Cの構文に悩んだときは、

この本で関係するところを開いて調べます。

いわば、詳細Objective-Cが、ベースリファレンス、そして、エキスパートObjective-Cを、スレッドプログラミングのリファレンスとして使っています。Apple のドキュメントにもかなりの情報が含まれていますが、うんちく的情報、実際の使い方の注意点も含まれているので、この本が非常に役立っています。

ぜひ、手に取って、読んでみてください!

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">