TweetOverview2.0.3でのキーボードショートカット対応とiPad/キーボードに関する考察

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TweetOverview2.0.3でのキーボードショートカット対応とiPad/キーボードに関する考察

TweetOverview 2.0.3がリリースされました。
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 TweetOverview ツイート俯瞰デスクサイドアプリ

今回のバージョンでは、キーボードショートカットに対応しています。
特にiPadでデスクサイドに置いた時に、リンクのウェブページを見ている時に矢印キーでページの上下が出来ればと思い、iOS 7 のキーボードショートカット機能を使用して作成しました。動作でもはこちら

現在対応しているショートカットは以下のものです。

  1. ウェブページ表示中の、↑↓矢印キーによるスクロール
  2. ウェブページ、詳細画面を、⌘+wキーで閉じる
  3. ツイート一覧画面を、← → キーでスクロールする

iPadのキーボードは、Logicoolのウルトラスリムキーボードミニを使っています。iPad miniのサイズでキーボードがうちやすいか心配だったのですが、このキーボードはよく考えられていて、caps-lockを削ったりして、aキーからlキーの幅を確保して、タイピングがしやすくなっています。MacBook風の色もいいですね。同じキーボードの白と黒は9,000円くらいなのに、この色だけセールで4700円ほどになっているみたいで、おすすめです。白とも黒ともマッチしないシルバーなので不人気なのかな?黒とは同じ色ではないですが、キーの色が黒なのでマッチしている気はします。このキーボードにしたのは、まず薄くて軽いことと、次にiPadをたてても使えることです。アプリによっては,たてた方が使いやすいアプリも多いので、このキーボードのように縦向きでも横向きでも使えるのはとても便利です。

技術的には、iOS7で追加されたキー取得のAPIを使用しました。@k_katsumi さんの、サンプルコードを参照しました。
kishikawakatsumi/KeyboardShortcuts
ViewControllerでキーを取得するのですが、childViewControllerを使用していると、最下層(親)のViewControllerにしかキーがいかないので、受け渡しの仕組みを作る必要がありました。また、キーをキャプチャすると、WebViewの入力時にそのキーが効かなくなるので(矢印など)、それもwebViewの入力中のステータスを確認して読み込みたいキーを変えていく必要があります。

APIとして、ボタンを押し続けているステータスや、ボタンのリピートなどがあればさらに良いと思うので、その辺は将来のiOSに期待です。

最後にiPadにおけるキーボードの考察ですが、やはりタッチによる操作中でも、キーボードによる操作は非常に便利であるということが分かりました。スクロール操作を行うために画面にタッチするよりも、キーボードのしたボタンに指を置いて一定量を読んだ後にボンポンキーを押していく方が楽です。また、⌘+wなどは使う人には染み付いているので、その自然な動作がキーボードで出来れば、タッチパネルをタッチするよりも使用感が高いです。もちろんiPadアプリの場合はタッチでの動作がメインになるのですが、キーボードを使用している層には、このようにキーボードショートカット対応してもらえるとうれしい機能がたくさんあると思いました。実際このアプリになれてしまうと、Safariや別のアプリでウェブを見ている時も、ついつい上下ボタンを押してしまうようになりました。

ちょっと癖のあるアプリですが、是非TweetOverviewを使って、追加してほしいキーボードショートカットなどがあったらレポートいただければと思います。

Text Kitを使用してUITextViewにリンクを埋め込んだりタブでカラムつけたりする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Text Kitを使用してUITextViewにリンクを埋め込んだりタブでカラムつけたりする方法

TweetOverview 2.0.2 がリリースされました。
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 TweetOverview ツイート俯瞰デスクサイドアプリ

TweetOverviewはiOS 7限定でアップデートしたのですが、iOS7限定にして、iOS7の最新機能を出来るだけ取り込むためにそうしました。その一つがTextKitです。「上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編」を書きました[内容紹介あり] | Zero4Racer PRO Developer’s Blog こちらのリンクにもある、iOS7の解説本を書くためにいろいろテストをした機能を使って作成しています。

「上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編」を書きました[内容紹介あり]

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「上を目指すプログラマーのためのiPhoneアプリ開発テクニック iOS 7編」を書きました[内容紹介あり]

iOS 7向けのiOSアプリ開発を解説した書籍で、わたしも共著で参加せせて頂いた本が12月末に発売予定になり、Amazonにも登録されました。

わたしは今回は以下の部分に参加させていただきました。

  • Text Kit(一部)
  • Sprite Kit
  • 付録のGame Controller

発売に向けて現在は校正などを行っていますが、とても良い本に出来上がっていると思います。わたし以外が書いた部分を読むと特に、分かりやすく書かれているなと感じます。扱われている内容をリストアップすると、

コードからUIWebViewをスクロールさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コードからUIWebViewをスクロールさせる方法

昔は難しかったのですが、iOS5から、UIWebViewがscrollViewをプロパティで持つようになったので簡単になった!オフセットしすぎると中身が見えなくなってしまうので、maxOffset以下にするのがポイント。
スクロールダウン(一度に画面の1/3)

float maxYOffset = self.webView.scrollView.contentSize.height - self.webView.scrollView.frame.size.height;
[wself.webView.scrollView setContentOffset:CGPointMake(self.webView.scrollView.contentOffset.x, MIN(self.webView.scrollView.contentOffset.y+self.webView.bounds.size.height/3.,maxYOffset)) animated:YES];

スクロールアップ
[wself.webView.scrollView setContentOffset:CGPointMake(self.webView.scrollView.contentOffset.x, MAX(self.webView.scrollView.contentOffset.y-self.webView.bounds.size.height/3.,0)) animated:YES];

このスクロールと、前の記事の編集中判定を使って、TweetOverviewでキーボードでスクロールダウン、スクロールアップ、cmd+wで詳細画面を閉じるというのを実装したのですが、外部キーボードと組み合わせると非常にいい感じです。審査して来週ぐらいにリリースされると思いますのでお楽しみに。

UIWebViewが編集中かを確かめる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - UIWebViewが編集中かを確かめる方法

UIWebViewが編集中かを確かめる方法がStackoverflowにもはっきりと分かりやすいのがなかったので備忘で書いておきます。UITextViewだと
[textView isFirstResponder]
で編集中か分かるのですが、UIWebViewの場合は、内部にある要素の一部が編集中になるため、webView自体のisFirstResponderはfalseが帰ってきます。
それで、再帰的に内部を確かめてどれか一つの要素が編集中かを確かめるメソッドがこちら。

使う時は、
if([webView isFirstResponderRecursive])
のように使うことが出来ます。